スイーツ大好き主婦の試作&試食日記!


by patissmam

タグ:小布施 ( 1 ) タグの人気記事

 お庭の木も、だんだん紅葉してきて、秋らしくなってきましたが、皆さんのところはどうですか?
 ところで、昨日は、お友達の運転で小布施に行ってきました!
小布施といえば、「栗」、「栗といえば小布施」・・・と有名どころですよね♪(って、思ってるのは私だけだったりして?!)
 いったい、何をしにわざわざ小布施まで行ったかというと・・・。
栗菓子で有名な「小布施堂」の、この時期限定の究極のモンブランともいうべき栗菓子の
朱雀というものを食べるために行きました!!
 「すざく」なんて、すごい名前ですよね~(^^;
 でも、9月11日から10月中旬までの午前中しか食べられず、予約や持ち帰りも不可で、その日の栗の状況によっては出来ない場合もあるなんて・・・。
 こう聞いただけでも、食べてみたくなってきませんか~?!
そんな訳で、食いしん坊4人組で、朝イチに行ってきました(笑)

    そのときの画像がこれだ~!(THE BEST HOUSE123風?!)
f0134909_22452326.jpg

  まるで、水木しげるさんの妖怪図鑑に出てきそうな外観・・・でしょ!
 直径12~13センチくらいあって、高さも同じくらいです・・・。
 結構大きくてビックリ!!
 その中身は、どうなってるかというと・・・。
 






    

 f0134909_22554833.jpg
     これだ~!!
  ちょっと、色味が同じようなのでわかりにくいのですが、中には栗のアンが入っています。
 







「素麺に見えるのは、採れたての新栗。蒸した栗の皮を除き、素麺状に裏ごししたものを、「栗餡」の上にふわり盛りました。新栗の繊細な風味を損なわぬよう、注文をいただいてから弊堂の栗菓子工場へ取りに走ります。栗の郷にあっても、新栗の仕込み期、仕込み場界隈でのみ味わえる究極の味。砂糖も何も加えず、栗そのものをいただく、栗の点心です。」HPより。

 本当に、周りの部分は、栗そのもののお味で、ほんのり甘みがあって、感動しました!!
そして、中のアンと一緒に頂くと、さらに栗の風味が強まって、美味しさが倍増しました!
 

 ものすごく、手もかかってるのだと思いながら、喜んでいただいていたのですが、半分を食べたころになると・・・。
 だんだんつらくなってくるのですよ、これが・・・( ̄_ ̄|||)
 
 確かに美味しいのですが、周りはお砂糖がはいってないぶん、粉っぽく感じられてきて、たぶん、このお菓子1個に栗が20個くらい使われてそうな量なので、栗を20個も食べていれば、だんだん飽きてくるし、大量に落雁を食べているような感覚にさえなってきて・・・。
しかも、中身のアンの量が、周りにたいして少ないようで、先になくなってしまうと、さらに食べづらくなってきて・・・。
 とうとう、食いしん坊の私もギブアップで、少し残してしまいました・・・
  <(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!
 すごい、ショック・・・作ってくださった方にも申し訳ないし、何より「栗よ、ごめんなさい!!」という気持ちでした・・・m(。≧Д≦。)mスマーン!!

 ふと、あたりを見回すと、かなりご高齢のおばあちゃまが、同じものを一人で!嬉しそうに完食していて、びっくりΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
 そして、自信喪失(ノT∇T)ノ )))))) はぅ~~っっ
 私も、まだまだ修行が足りないのね・・・(((ρT-T)ρオヨヨ
 がんばらねば・・・p(・∩・)q
 そんなことよりも、がんばらなければならないことがあると思うのだけど・・・。


 でもでも、こんなにお腹いっぱいになっておきながら、やっぱりランチは別腹よね~♪
ということで、同じ「小布施堂」の系列の「蔵部」というところにランチに行きました。
f0134909_23232865.jpg





こちらは、酒蔵をレストランにしてあって、雰囲気も良くて、鉢巻をした威勢の良いお兄さん達がお料理を作ったり、サーブしてくれます♪








f0134909_232033100.jpg
 
 「まぐろのづけ丼」を頂きました♪
 さすが小布施のお店だけあって、器にもいたるところに「栗」が・・・!
 ご飯も、お味噌汁も、おつけものも美味しく頂ましたよ♪
 ごちそう様~
  o(*^▽^*)o~♪

 長文お読みいただき、ありがとうございました
   人(--*)謝謝(-人-)謝謝(*--)人
[PR]
by patissmam | 2007-09-28 23:37 | お出かけ